子宮頸がんワクチンについて

今年の1月から始まった子宮頸がんワクチンの補助ですが、現在はワクチンの不足のために新規の接種受付が難しい状況です。
今までに1回ないし2回の接種が済んだ方には予防接種の効果が落ちないように2回目・3回目の接種を優先して行っています。
無料補助の対象は中学1年生から高校1年生までの女子です。
4月に新たに高校2年生になった方のうちワクチン不足で接種できなかった方は高校2年生になった今年度も接種可能になるようです。
なお無料補助の対象年齢より年長の女性も自費ではありますが接種可能です。