今年のインフルエンザワクチン

今年もインフルエンザワクチン接種が近づいてきました。

院内には掲示していますが、予約を受け付けております。
お電話でもよろしいですのでご連絡をお待ちしています。
おそらく10月1日から接種できるものと思われます。
(市からの情報がまだなので確定ではありません。)

今年から新型インフルエンザと呼ばれていたものも
一般的な季節性ウイルスの一つとして接種されます。
A型とB型それぞれ今年流行しそうな複数のウイルス型に対応する混合ワクチンです。
以前のように「新型」のみ別に接種する必要はありません。

また今年から接種量などが変わります。
一般には、
生後6か月〜2歳では0.25mlX2回
3歳〜12歳では0.5mlX2回
13歳以上、成人では0.5mlX1回です。
接種間隔は3〜4週間空けるほうがいいでしょう。

上記のように12歳までのお子さんで接種量が増えます。
ひぐち小児科ではワクチンの不足がないように準備しています。
しかし急な事情でワクチンの生産が減らされることも時々あります。
2回接種の必要なお子さんでは、できるだけ早期の接種をお勧めします。