計画停電について

明日から7月ですね。
ところがこの暑い夏に計画停電が行われるようです。

ひぐち小児科もB1〜10の枠で、
計画停電の対象になっています。

停電の間は、
照明や空調の他にも検査器械・レントゲンなどが使えません。
また、
ワクチンや薬剤も管理する冷蔵庫も開くことができず、
調剤に必要なハカリとか分包機とか、
電話やファックスも使えません。
なにより、
大切なデータや診療の履歴を収めた電子カルテを使えなくなります。

このような状況ですのでもし計画停電が実施されましたら、
診療は完全に不可能となります。
前日の夕方以降でないと停電が実施されるかどうかわかりませんので
突然の休診になることも考えられます。
また
各種器械の停止とか立ち上げなどに時間がかかりますので、
停電の時間帯+前後20〜30分程度は診療できません。

ご迷惑をお掛けしますが、
皆様のご理解とご協力をお願いします。

九州電力さん!停電にならないようにお願いします。

ちなみに、
救急を受け入れている大きな病院は停電の対象になっていないようです。